ROYAL ENFIELD CARBRETOR

ROYAL ENFIELD(ロイヤルエンフィールド)向けキャブレター 純正のキャブレターはどうも調子が良くないと思っていた ROYAL ENFIELD(ロイヤルエンフィールド)オーナーへ。 KEIHIN(ケイヒン)の キャブレターに交換することで、始動性や、中低速の加速が良くなります。 スロットルのレスポンスも向上するうえ、純正キャブ同様に扱いやすいです。 純正のインド製ミクニキャブに比べ、日本製なので精度も抜群です。 取付例 350cc用キャブレターキット ¥21,000(税別) セット内容 ・キャブレター本体 ・ラバ...

ROYAL ENFIELD BULLET

世界で最も長い期間生産されているモーターサイクル それがROYAL ENFIELD(ロイヤルエンフィールド)社の”BULLET(ブリット)”なのです。 最初にBULLETの名を与えられたのは1931年に発表された350cc、4サイクル単気筒モデルで、 その後1949年にスイングアーム式フレーム、リアサスペンションを採用した新型BULLETが発表されました。 1955年からはイギリスとインドの工場で量産されるようになり、 さまざまなマイナーチェンジを経て現在の形となっていったのです。 1970年代にROYAL ENFIELD社は倒産してしまいますが、...

ROYAL ENFIELD Continental GT

ROYAL ENFIELD(ロイヤルエンフィールド)の歴史 英国で創業されたオートバイメーカーですが1970年後半に倒産。 それに伴いインドに拠点を移し、現在でも当時と変わらないスペックで半世紀以上にわたり生産を続けています。 そのため旧き良き時代の英国モーターサイクルの面影を強く残しており、新車でありながら クラシックバイクの雰囲気を楽しめる貴重な存在となっているのです。   エンフィールド製カフェレーサー 1950年代後半〜1960年代前半の英国で ” ロッカーズ ” と呼ばれる若者たちによる一大ムーブメン...

ROYAL ENFIELD

ROYAL ENFIELD BULLETとは 1931年〜1962年に英国ロイヤルエンフィールド社が製造・販売を行っていた英国を代表するモーターサイクルの名前です。 1931年から製造されてきたBULLETは、1949年に現在も販売されているデザインとして登場。 世界初のスイングアームを装備したこのマシンは、1950年代に英国のレース界において華々しい成績を残し、 当時の記録を次々と塗替えました。 中でも500ccモデルは何百勝もの記録を残した名車として有名です。 1954年〜1956年には、当時のインド政府がパキスタン国境整備のため2400台...
2 / 212